1. HOME
  2. ボクカワ歴史
  3. 二号熟練改の跳躍力

二号熟練改の跳躍力

中の人の話はするな!

中の人の話はするな!

海自敷地内が
艦これで満ちる

2019年10月5~6日、観艦式の前座イベントとして艦艇の一般公開や音楽演奏が行われるフリートウィークが開催された。

本来このイベントは自衛隊主催である。

しかし何がどうなったのか、艦これがこのイベントに【協力】。

イベントのあちこちが艦これで満たされるというトンデモナイ事態に陥った。

フリートウィークでは実際の自衛隊艦艇が接岸し見学が可能であった。しかしその艦艇のあちこちに艦娘パネルが設置、艦艇見学が一挙にキャラクターショーの雰囲気を醸し出すものになってしまった。

中でも一部艦艇においてはパネルに飽き足らず艦娘のフィギュアが設置、『自衛隊は大丈夫か?』と思われるほどの艦これ要素満載になった。

着ぐるみ着て
あの跳躍力っ!

フリートフィークは自衛隊もかなりの力を入れており、艦艇の一般公開や音楽祭、有名人の1日艦長(すみぺ)、カレーフェアなどが開催され、特にファッションショーには艦娘遊撃隊の霧島さんが参加、海自制服ver霧島で大いに場を盛り上げた。

反面、別の意味で盛り上がったのが
「海自ゆるキャラグランプリ」であった。

本来これは全国各地の自衛隊ゆるキャラによるグランプリ選挙であるはずが、そこに何故か?ボクカワウソが参入した。

ボクカワウソには投票できないものの、今までとは次元の異なる運動性を発揮!異常なほどの敏捷性・跳躍力・機動力を発揮し、観察している提督はおろか、他の一般客の方々をも大いに驚かせた。

そのあまりに機動力の違いに多くの提督は「中の人」が変わっていることを疑ったが、どこからか情報が漏れたのか中の人が海自隊員であったことが後に判明する。なお、この話はトップシークレットであるとか、そうでないとか。

ちなみに艦これ運営は、この高機動ボクカワウソを『ボクカワウソ二号熟練改』と呼称している。